便秘になりにくい、解消するための食事のメニュー

便秘になりにくい、解消するための食事のメニュー

便秘になりやすいという方は、日頃食べている食事のメニューの中に食物繊維があまり含まれていなかったり、酵素を含んでいる食材があまり含まれていなかったりすると思います。

 

 

特に牛肉や豚肉や鶏肉やラム肉などの肉類や、お魚や貝類やイカやタコや魚卵などの魚介類や、牛乳やチーズや生クリームやバターなどの乳製品などの動物性食品を日頃からよく食べている方は、便秘になりやすいと思います。

 

 

こういった動物性食品は、食物繊維を全く含んでいないので、便秘の原因となってしまいます。意外かもしれませんが、肉類や魚介類や乳製品には食物繊維が全く含まれていないので、こういった食品を食べる時は生の野菜や生のフルーツと一緒に食べるようにした方が良いです。生の野菜や生のフルーツには酵素が含まれているので、便秘を予防したり便秘を解消したりすることが出来ます。

 

 

それから生の野菜や生のフルーツには、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を予防したり便秘を解消するのにぴったりの食材です。野菜を食べる時はなるべく生で食べたほうが、野菜に元々含まれている酵素を丸ごと摂ることが出来るので、健康にも良いですし便秘になりにくくなります。

 

 

便秘解消の食事のメニュー

 

 

便秘を予防したり便秘を解消する為の食事のメニューを紹介します。

 

 

まず朝食のメニューは、生のフルーツや生の野菜サラダです。生のフルーツを食べる時は、色んな種類の生のフルーツを食べるのではなくて、なるべく生のフルーツを単品で食べるようにすると良いです。生のフルーツを単品で食べたほうが、色んな種類の生のフルーツを食べるよりもスムーズに消化をすることが出来るので良いです。

 

 

生の野菜サラダは、レタスやセロリやトマトや人参やタマネギやパセリなどの野菜を生で食べると良いと思います。普段加熱して食べるようなブロッコリーやカリフラワーなどの野菜も、生で食べることが出来るので出来るだけ生で食べるようにしたほうが良いです。そして昼食のメニューは、生の野菜サラダや海藻サラダと玄米のご飯や十割蕎麦などの穀物とお豆腐やおからなどの大豆製品を食べると良いと思います。

 

 

白米のご飯や精製された小麦粉で作られているパンやうどんやラーメンなどの麺類は食物繊維が少ないので、穀物を食べる時はなるべく玄米のご飯や十割蕎麦などを食べるようにした方が良いです。小麦粉は日本人の体質にあまり合わないので、なるべく食べない方が良いです。夕食のメニューも昼食のメニューと同じような感じのものを食べると良いです。

 

 

お肉やお魚を食べる時は、沢山の生の野菜サラダと一緒に食べるようにすると良いです。このような食事のメニューを毎日食べていれば、便秘を予防出来ますし便秘を解消することも出来ます。