乳酸菌やビフィズス菌から生まれた優れた保湿成分

乳酸菌やビフィズス菌から生まれた優れた保湿成分

乳酸菌・ビフィズス菌といえば 飲み物から体内に取り入れるというイメージがありますが、それらの善玉菌より生まれた優れた保湿成分があります。

 

乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)

 

ミルクを乳酸菌で発酵させて できる保湿成分。

 

肌本来の うるおい成分である天然保湿成分(Natural Moisturizing Factor)と よく似ているため 肌なじみが とても良く保湿作用(潤いを保つ)抗酸化作用(皮脂の酸化を防ぐ)pHコントロール作用(弱酸性に保つ)肌ストレス保護作用(ダメージから守る)など 肌を守る働きがあります。

 

乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)

 

薬効の高い アロエベラ の葉肉を乳酸菌で発酵させて できる保湿成分。
こちらも 肌本来のうるおい成分である天然保湿成分と よく似ているため 肌なじみが とても良く 乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)同様 保湿作用 抗酸化作用 pHコントロール作用 そして抗炎症作用(炎症を防ぐ)など 肌アレを改善します。

 

3ビフィズス菌はっ酵エキス(大豆)

 

良質な大豆(豆乳)をビフィズス菌で発酵させて できるイソフラボン保湿成分。
活性型イソフラボンは 肌のヒアルロン酸を つくる働きを高めて ハリや弾力のある みずみずしい素肌に導く働きがあります。

 

発酵技術から 生れた 乳酸菌はっ酵エキスは 長時間にわたって 高い保湿力を発揮し ビフィズス菌はっ酵エキスは 本来 肌の細胞の中で 毎日 作られ 水分を保つ働きのある ヒアルロン酸の 働きを助け 肌の弾力性をアップします。

 

肌は 自ら 美しくなる『チカラ』を 持っています。

 

皮脂膜が肌を守って 皮膚の内側に潤いを保ち 真皮では肌のハリと弾力を 生み出しています。そして なにより 常に肌は 生まれ変わっています。
ただ 年齢と共に 皮膚の働きは 衰え 若き日の肌を取り戻すことは 容易なことでは ありません。

 

そのためには 良質な成分が含まれた化粧品で 肌本来の働きを補うことが 必要なのです。